チュルカの管理人:四郎による雑記帳。

つれづれなるまゝに、日暮し、空に向かひて
眼に移りゆく蓮華の花を、そこはかとなく描きつくれば
怪しうこそ物狂ほしけれ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
魍魎の匣 (映画)


今年のクリスマスは「 京極 」と書いてクリスマスと読むべし。
「 魍魎の匣 」と書いてプレゼントボックスと読むべし。
脳内変換にえらいこと無理がある。そんな管理人の聖夜。
まあ、さらっと云ってしまえば24日に「 魍魎の匣 」観て来たんですよー!!



原作はまだ読めてないんですが、面白かった!
エピソードがそれぞれに3・4つあって、京極堂の登場で全ての歯車が廻りだす…。
最後の方はもう眼が離せませんでした。



終戦後まもない昭和期。
「 魍魎 」てのは物欲の妖怪なんやけど、それをめぐる事件の真相をつきとめる話。
少女の四肢が箱に詰めこまれるという、殺人事件から始まります。
薔薇十字探偵の榎木津。自称近代作家の関口。
そして古書店を営む陰陽師の京極堂。本名、中禅寺秋彦。



兎にも角にも注目すべきは京極堂含む3人の喪男(モダン)!!
関口君と榎木津さんね。京極堂が大好きなんだね。
彼についてしゃべりだすと止まんないもんね。可愛いとおもう!!
あと、なんだかんだ云って人使い超粗い京極堂。可愛いとおもう!!
京極作品スキーさんには必見。
そうでない人でも、何か怪事件モノでドキドキしたい人は必見です。



何気にBGMも良かったんだなこれが。
DVD出たら前作の「 姑獲鳥の夏 」と一緒に買ってしまうかも知れぬ。

/ 00:00 / 映画 / comments(0) / trackbacks(0) /
反逆者
クリスチャン・ベール,エミリー・ワトソン,テイ・ディッグス,ショーン・ビーン,カート・ウィマー,ヤン・デ・ボン


ここの管理人が至極好きな洋画です。
ガンアクション系です。
原題は『 Equilibrium 』だったような気がします。



兎にも角にも!兎にも角にも!
「 銃型 」(ガン=カタ)に惚れこむのなんのって!
ガンカタっていうのは銃と武術を融合した架空の戦法らしいのですが。
銃が遠距離戦の武器でありながら、近距離戦にもちこむってのは斬新だと思います。
その戦い方の美しいこと。
ガンカタ最高!マジメに萌える!!



銃スキーさんとかには堪んないんじゃないの!これ!
あと、スーツミドルスキーさんにも堪らないんじゃないの!!
まあね。軍ヲタしてる以上 銃の知識はそれなりにありますが。
私は間違いなく後者ww
素敵っくナイスミドォォォルにこんな格好いい事されたら、惚れるしかあるまいさ!



あ、ガンカタのことばっかり云ってもいかんいかん。(ぺちぺち)
物語の舞台は人間が厳密に管理されている近未来。
「 感情 」を動かすもの( ex:ペット等 )が排除され、人間も薬で無感動を強いられる。
そんな中、感情を取り戻した主人公が その管理中枢に疑問を抱き、
ついには銃口を向ける。



あってるかな…?
確かこんな感じだったと思いま。
もうガンカタに萌え過ぎて困ったちゃんですよ。私。
でも、シナリオも好みです。(私の文章で伝えきれないのが至極惜しい)
大好きだ!!


/ 20:22 / 映画 / comments(0) / trackbacks(0) /
1/1PAGES