チュルカの管理人:四郎による雑記帳。

つれづれなるまゝに、日暮し、空に向かひて
眼に移りゆく蓮華の花を、そこはかとなく描きつくれば
怪しうこそ物狂ほしけれ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
三博士(創作)の呟き
ツイッターの診断で創作紹介のをしたので、こちらにも。
だいたいこんな感じ。

※実際の事件・人物・団体とは一切関係ありません。



『三博士』

Q1.あらすじは?
Q2.回復手段は(魔法、医療等)?
Q3.CVイメージある?
Q4.ヒーローについて目一杯どうぞ

■1■
地下シェルターの被曝した人間と、宙に逃げた健康な人間との間で、どちらでもない、地球の皮膚で生きる人間が革命を起こす話。
神憑きである「三博士(メイガス)」とその「器(マギステルス)」、人間の進化の要になる「希望薬(エスペランザ)」、それらをめぐって世界の仕組みが解明されていく。

■2■
普通の切って縫って治す医療。
移植医療は進んでいる。

■3■高い低いのイメージはあるけど、誰というイメージはない。

■4■
革命者はその時代における、煽動者でありヒーローではない。
万能の象徴である神は決してヒーローにはなり得ない。
よって、この物語に英雄はいない。


また、こんな診断やってみたいです。
ごきげんよう。
/ 20:05 / チュルカ的設定 / comments(0) / trackbacks(0) /
創作メモ
創作メモ。
今回はジジさんと赤紙について。



■ジジ(ゲオルギ=ゴーヴィチ)


捕虜の日本人女性とロシア軍人の間に生まれる。

生まれながらにして天涯孤独の身で、幼少時は軍医の庇護のもとに育つが、日系純血主義・帰化命令「赤紙」をさけながら、路頭で身体を売って生計を立てるようになる。
23歳、身長176cm。

18歳で結婚と子供が生まれたことを機に軍属となるが、男娼をしていたことは決して恥じてはいない。
元男娼の経験をいかして女性に扮し外交視察をすることも多々ある。
その際には、咽喉マイクで声をも変える。
根暗で争いを避ける性格であるが、観察力に優れ、外交視察官を請け負っている。

「赤紙」にはよい印象を抱いていない。
娘が日系三世のため拉致・誘拐による強制帰化と人身売買を警戒している。
死別した妻の死も、これら組織に関わるものだと践んでいる。

上司のディドロに娘が懐いていることを、あまり良く思っていない。



【赤紙】とは


各国在中の日系には、日本から帰化命令「赤紙」が定期的に送られてくる。
日系(混血)を純血統に戻そうとするプロジェクトで、純血主義者のエゴ。
この「赤紙」を無視すると、過激派により拉致され強制帰化された例もあり、帰化願望のない日系人は隠れるように生きている。

また、日系一世や二世は貴重種として、管理したがる遺伝施設との共謀もあり、日系拉致事件は様々な企業・産業が入り組んでおり、摘発が難しくなっている。

臓器輸出大国日本。ジャパニーズ・ブランドの臓器は最高級品として取引される。
だが、その実態は大陸人と列島人の混血で運営されており、わずかな純血種には臓器部分に特化した奇形児(脳死の概念があるため無頭児が多い)を量産させている。
純血日本人を資源とした臓器輸出産業である。



とりあえず、メイン4人と世界観と用語をつらつらと。
でも、ゆっくり。



ごきげんよう。
/ 21:14 / チュルカ的設定 / comments(0) / trackbacks(0) /
創作メモ
創作本編を描きだすにあたり、設定が破綻しないためのメモです。
キャラクタに関して詳しく言及したことなかったので、纏めてます。



■アイ(=エスペランザ)

ゲーリング嬢とメイガスの息子。
西暦時代からドイツと親交のあるエスペランザ家の当主で、自衛の名目で各地から人材を募り、私営軍を結成している。
希望卿、白元帥、淫売卿など様々な異名をもつが、本人はあまり気にしてない。
ゴシップ誌には目を通すが興味がない。

年齢は24歳だが、神憑きの特性上、十代半ばの外見をしている。
身長は158cmで成人男性にしては低めなのがコンプレックス。
アルビノゆえに夕方からしか外出ができず、皮膚癌と生きる運命にある。
幼い頃、直に太陽をみて網膜を焼いたことがある。

内縁の妻と双子の娘がいる。
神憑きは「継ぎの器(マギステルス)」を食らう習性があるため、娘達には一度も会ったことがない。
妻とは字面のやり取りだけしているが、とても愛している。


■ディドロ(ディミトロ=エスペランザ)

ロマ族(ジプシー)の娘とドミトリの息子。
母親に似て肌が浅黒く、南スラヴ人特有の緑色の瞳をしている。
メイガスとドミトリは双子のため、アイとは従兄弟同士。
年齢も同じく24歳。身長192cm。

学習障害がある。
ゆえに文字や数字の意味を解すことができない文盲である。
しかし、驚異的な記憶力があり、意味を解していなくても多言語を口頭羅列すること、風景や音楽を記憶することができる。
アイや周りの助けもあって、普通に生活するのに不自由はしていない。

エスペランザの私営軍では側近の大将を任されている。
陽気な性格で、友人も多い。
興奮すると痛覚が麻痺し、周りが見えなくなる傾向があるが、それをも見越してアイとは互いに絶対的信頼をよせている。

ジジの娘リューシャ(5歳)とは、思考や感情の面で似ておりベクトルが合う。
気を使ってか、彼女の前では煙草をのまない。



世界観や用語についても簡単に纏めていけたらと思います。


ごきげんよう。
/ 15:08 / チュルカ的設定 / comments(0) / trackbacks(0) /
チュルカ的茂麟(※捏造注意)

当サイトでの茂麟構想をつらつら。
激しく捏造&妄想注意です。


本当は昨日あげるはずだったんだけど、サーバーにバルスされたので書き直しまんたー。
´p`


ある程度書いたらサイトにまとめます。
その際、若干設定が変わってるかも知れません。
あくまで妄想の産物なので、ご了承くださいまし。



端た書きでございますが、続きにて。
続きを読む >>
/ 22:59 / チュルカ的設定 / comments(0) / trackbacks(0) /
1/1PAGES